白髪の原因・遺伝

薄毛の原因に遺伝があるように、白髪の原因にも遺伝の影響は少なからずあります。特に早い段階から発生する若白髪は遺伝的要素が大きく占められています。髪の毛が生成される時には、メラノサイトという髪にメラニン色素を付着させる機能が働いて髪の色が濃くなり、この機能が低下していると髪に必要な量の色素を入れられなくなるので、白髪としてそのまま発毛してしまいます。若白髪の場合はこうしたメラノサイトの機能低下が遺伝していると見られ、従来では加齢によって発生する白髪が若いうちから発生するようになります。
遺伝と思われる若白髪でも、他の原因がある場合も考えられます。家族内では親と子供はほとんど同じ食事を取っているため、摂取している栄養分も似通っています。メラノサイトがメラニンを作るためにはチロシンや銅といった栄養成分が必要になりますが、ジャンクフードが多かったり食事メニューにバリエーションがないことなどが原因で、色素を作るための栄養が摂れていない可能性もあります。親子揃って白髪が多い場合は、遺伝だからと諦めずに食事メニューの改善をしてみると抑制の手助けになることもあるので試してみてください。早い段階で発生してしまうと、どうしても周囲と比較してしまい大きなストレスを抱えることになってしまうため、それが原因となってさらに増加してしまうといった悪循環が起きてしまう事もあるので、色素を作るための成分が含まれた食事を摂ったり、しっかり睡眠をとるなどの生活習慣の改善などで対策を行なっていくのが良い方法になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加